1日5杯以上のコーヒーで肥満と糖尿病に!

みなさんこんばんは!

西オーストラリア大学ケビン・クロフト教授らによる、
マウスを使った実験で、
1日にコーヒー5杯以上分のカフェインを摂取したマウスは、
太りやすく、糖尿病になりやすい
ことがわかったそうです(汗

coffee
コーヒー大好きです(汗

多量のカフェインを摂取したマウスは、
インスリンの調節が上手くいかなくなり、
糖尿病の初期症状といわれる耐糖能異常も認められた。

これはコーヒーに含まれるポリフェノールのひとつ、
“クロロゲン酸”の摂り過ぎによるものです。

クロロゲン酸は摂り過ぎると脂肪の燃焼を妨げ、
インスリン耐性をもたらすといいます。

1日3,4杯の適量であれば、
コーヒーには肥満や糖尿病を予防する働きがあるそうです。

渦中のクロロゲン酸は、
コーヒーの他紅茶やプラムなどにも含まれ、
適量ならインスリン感受性を高め、血圧を下げ、
脂肪の蓄積を防いでくれる心強い味方なんです!

というわけで、
コーヒーは1日3杯程度を目安に、
楽しもうと思いました♪


 


サブコンテンツ

このページの先頭へ