不眠改善に効果のあるシーツの色は?

みなさんこんばんは!

米Travelodgeが2000軒の家の寝室とそこの住人の、
睡眠の質を調査した結果が発表されていました。

sinsitu

日頃から最も長時間の睡眠を得ているのは、
青い壁紙やシーツ、布団カバーを利用している人であることが判明したそうです。

青色には感情を落ち着け、
心拍数を遅くさせたり血圧を下げる作用があるため、
快眠につながっているのではないかと考えられる。
また、緑や黄色も同じような効果があるらしい。

逆に、最も睡眠時間が短いのは紫で、
これは、刺激が強すぎて脳が覚醒してしまうからだとか。

グレーや茶色なども、
陰気で憂鬱な気分にさせられるため寝室の色には向いていないそうだ。

専門家によれば、網膜には神経節細胞と呼ばれるレセプターがあり、
この部分は青色に最も敏感に反応することがわかっているとか。

これらのレセプターが脳の奥深くにある体内時計を司る部位に情報を伝え、
日中の活動などに影響するため、光と睡眠と覚醒は非常に重要なのだという。

下記は寝室の色別睡眠時間です

青:7時間52分
黄:7時間40分
緑:7時間36分
シルバー:7時間33分
オレンジ:7時間28分
赤:6時間58分
ゴールド:6時間43分
グレー:6時間12分
茶:6時間05分
紫:5時間56分

ちなみに私のベッドシーツは水色なのですが、
割と不眠です(汗

もうちょっと濃い青にしてみようと思います(^∀^;)


 


サブコンテンツ

このページの先頭へ