夫の携帯を見る 法律

みなさんこんばんは!

夫の携帯を見る行為は、法律に触れるのでしょうか?

明治大学法学部法科大学院教授・弁護士・元裁判官の、
夏井高人先生がアドバイスしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夏井高人先生

妻が夫の同意なしに携帯メールをチェックした場合、
プライバシー侵害として損害賠償の原因となることがあります。

これはケースにもよりますが、
夫婦であろうが他人同士であろうが原則的には同じです。

もちろん、行動監視ツールなどを夫の携帯電話や、
スマートフォンにこっそりインストールして利用するのも違法になります。

その行動監視結果を不用意に第三者に公表した場合には、
名誉毀損が成立し、損害賠償や処罰の対象となることもあるでしょう。

行動監視ツールは、
(1)本人の同意がなければ物理的にインストール不可能な仕様になっており、かつ、
(2)現に本人の同意があるのでない限り、違法なスパイウエアの1種
として扱われます。

そして、刑法上では、
不正指令電磁的記録の作成罪、提供罪、供用罪、取得罪、保管罪
(刑法168条の2、168条の3)として処罰されることがあります。

さらに、行動監視ツールがクラウド型のときは
、サービスを提供しているプロバイダについて、
電気通信事業法違反(通信の秘密を侵害する罪)が成立することがあります。

怖いですな~(汗

結局見られた相手がどう捉えるかも大切な気がしますが、
極力携帯見なくてもよい人間関係作ろうと思いました。


 


サブコンテンツ

このページの先頭へ