朝食抜き 体にいい

みなさんこんにちは!

渡辺正 著 朝食有害説をご存知ですか?

choushoku

◆ 渡辺正 著 朝食有害説 ◆
「朝食」は健康の敵だった!これだけの根拠

・朝起きてすぐに食欲がないのは、からだが欲していないから
・「朝食を食べる」誤った食習慣は自律神経のリズムに狂いを生む
・朝食を食べてすぐに活動すると胃腸に十分な血液がいかない
・朝食を食べなくても脳やからだに必要なエネルギーは足りている
・日本も外国も昔は二食で、朝食は正午にとっていた
・朝食廃止の二食にすれば、「小さな断食」の効果が得られる
・人間のからだは、飢えを感じたときに自然治癒力が高まる
・「活動してエネルギーを使ってから食事をとる」のが自然の摂理
・「朝食を抜くと太る」は、まったく根拠のない俗説だった
・「朝食廃止」こそ華燭・飽食による成人病を予防する最小の健康法

結局のところ、「一日三食食べよう!」
なんていう扇動は基本的にはメディアしかやってないわけです。

農水省が完全整形豊胸手術済みの女性タレントに、
キャッチーな歌を歌わせた電通経由のCMを、
うってる時点で疑わなければいけないですよね。

今の日本の食料自給率の低さを見れば分かるように、
国民に対して必要以上の「食料需要」を煽ることは、
米国穀物メジャの利益に直結する。

ラーメンブームを煽り立てたことで、
小麦需要が飛躍的に増加してカーギルが大もうけしたように、
日本人が食べれば食べるほど穀物メジャが大喜びします。

結局、自然か不自然かを見極められる直観力を身につけて、
少しでも自然に近づく努力をすることが、
本当の意味での健康を取り戻す最良の手段なんだろうと最近思います。

そしてこのことは、食の本質や医療の本質を知るだけではダメで、
権力の構造、世の中の本質的な構造にまで、
思考を及ばせることができなければ、
本当の意味での理解は手に入れることができないと思います。

世の中一部の人に情報操作されていますので、
もっと一次情報をしっかり取っていこうと思いました。


 


サブコンテンツ

このページの先頭へ